AGA治療薬と男性機能の関係性

AGAの男性の頭男性にとって薄毛に陥るのは精神的にも大きな苦痛を伴うものです。そんな状態から脱するためにも、薄毛を発症したらそれを運命なのだと諦めることなく、クリニックなどを活用して適切な薄毛治療を行うと良いでしょう。こう言った薄毛をもたらす原因として最も注目を集めるのがAGAという病気です。

AGAは男性ホルモンと頭皮の特殊な酵素とが反応しあってDHTという物質を作りだし、これを頭髪の根元にある毛乳頭が感知することによってすぐにヘアサイクルに異常が現れるようになってしまいます。これは毛乳頭の中の機能が毛母細胞に対して成長期のような細胞分裂を繰り返している状態から脱し、対抗期や休止期へと移行していくように指令を出すために引き起こされる症状であり、このまま頭髪は抜け落ち、頭皮はやがて地肌が透けて見える状態になってしまいます。

クリニックではこのAGA治療のために飲み薬を処方します。これを服用すると頭皮にある特殊な酵素の働きを抑制することができ、これが男性ホルモンと相まってDHTを作り出す分量も減ります。こうしてヘアサイクルが正常化していくわけですが、その一方で副作用も認められており、男性機能に衰えが見られる可能性があります。この男性機能の衰えとは具体的には勃起不全や性欲減退ですが、少なからず男性ホルモンへ影響を与えることからこのような男性機能に関する変化が生じるものと考えられています。

また、AGAは日常生活の習慣が関連していることもあるので注意が必要です。これらの習慣は決して主要因ではなく副次的なものですが、仕事や人間関係のストレスや食生活の偏り、睡眠不足、極度の疲労など、ホルモンバランスや皮脂の分泌量などと関連するこれらの習慣が乱れると、AGAの引き金となる可能性もあるので日常生活も含めて頭髪にとって優しい状態へと変えていくことが必要といえるでしょう。