体力が付き始める年齢と男性機能の関係性

思春期の男女男性機能が、性交渉などを出来るために体が作られてくるのは、おおよそ12歳くらいからです。その時には、まだ10代ということもあり、男性はとても体力に満ち溢れています。
毛髪についても、10代であればほとんどの男の子が毛髪がふさふさしていて、毛髪のトラブルを抱えているという男の子は病気を抱えていない限り、めったに見かけません。

このように男性機能が機能をはたし出す10代の頃は体力も十分にあり、またそれ故にどうしても性欲なども強くなってしまうことがあります。特に10代は勉強などのストレスや、間関係のストレスなどいろいろな悩みが思春期ならではの男の子たちを襲うため自分の男性機能に自信が持てなかったり、ある時突然、男性機能が悪くなってしまったらどうしよう、とこのような悩みを持った男の子たちも大勢います。
そのような場合には学校の保健の授業で男性機能についてきちんと学ぶこと、また女性への接し方やアドバイスなどを、きちんと教えてくれます。
または、親御さんにも教える義務があるためしっかりと思春期の男性の心や体のことについて教えてあげる必要があります。

また一方で体力が有り余ってしまう年齢でもあるため、性欲を抑える目的として、上記のように部活動に必死に一生懸命取り組んだり、仲間とチームワークを作って運動などに励むと性欲などが抑えられて心にも体にもゆとりなどが生まれてくる、そのように言われています。
そのため保健の先生などからは、上運動系の部活に入って汗を流したりした方がいいですよ、とそのようなアドバイスが親御さんたちにもされることが多々あります。